私がこの仕事を始めた理由 その2

エステサロンを引き継いで自分でやっていこうと決意してから

直ぐに資格を取りたくて電話したのが

福山にある「足もみハウス 満足漢」 私「先生!ちょっとお話したいことがあるのですが今から行っていいですか?」

先生「18時半までだけど間に合う?」

私「ギリギリ18時前には着くと思います」

その時、私は四国・愛媛・・・先生は広島県福山市

しまなみ海道がまだ全通してなくて2か所、島を半周しなきゃいけなくて

車で約3時間・・・(今では2時間)

で、先生に資格を取りたいので若石足もみと足圧を教えてください!って頼んで翌週から通うことに!

エステサロンの定休日は毎週月曜日と第1・第3日曜日だったので、連休は泊りがけで2か月間毎週通いました

当時一緒に働いていたYちゃんにはショックが大きいと思ったので私が引き継いだことは言わずに仕事と教室とこなしていました。

その時はもうすぐ東京へ嫁ぐことが決まっていたので、いらない心配をかけたくなかったんです

でも、ある時、事情は忘れたんだけどYちゃんに言わなきゃ!って思って勇気を出して言ってみた

そしたら・・・Yちゃんが泣き出して「一人で全部かかえてがんばっていたのね・・・言ってくれたらよかったのに・・・私も嫁ぐの先に延ばしてぎりぎりまで手伝う!!」って言ってくれて・・・今でも思い出したら泣けてくる

でも、いつまでも嫁に行かさない訳にもいかず・・Yちゃんには幸せになってもらいたい。。。

Yちゃんは、東京に行く予定をずらしてギリギリまで仕事してくれて、そして嫁いで行きました

一人で心細かったところを一緒にがんばってくれてYちゃんには感謝しきれません

それからは忙しい時は以前一緒に働いていた仲間が助けに来てくれたりしながら・・・、今思い起こすと、毎日毎日が大変で心は何度も折れながら相談する人もなく、ネットで検索っていう時代でもなく、ほんと苦しかった

もう、これ以上続けるのはやっぱり私にはムリだわ~

って時に、何かで知った隣町のエステサロンのオーナーさんに思い切って相談してみました。

そしたら何日か後にエステサロンオーナーが集まる会をするから参加する??ってご招待いただいたので何かヒントが見つかるかも??と思い参加したその会で運命の出会いがあったのです

さぁ、そこから急展開

詐欺事件は書ききれませんでした

次回はどう詐欺られたのか

どんな運命の出会いだったのか

お楽しみに~

あ告知告知

















子どもってお休みの日とか夜中とかに限って具合悪くなったりするよねー

そんな時、応急処置的にケア出来たらいいですよねー

まず、そうならないよう普段から血液の質と血液循環をよくしておけば、困ったことは起きないので、その辺のことも一緒に楽しく学んでみましょう

応募締め切りは17日㈫です。